採用情報

|社長の想い|社員の想い通年採用情報新卒採用情報

社長 室地 和男の想い




社長

なぜ社員第一なのか?- 社員か?顧客か?

当社の基本理念に「顧客第一」を掲げていますが、その為に社員に不必要で過重な負担を強いていないだろうかといつも自問自答しています。社員に気持よく活き活きと働いてもらう事が結果的に顧客を大事にする姿勢に繋がるのではないでしょうか?「この職場があるのは顧客があってこそ」と本気で思えた瞬間に、本当の意味で「顧客第一」は達成出来るのだと私は考えています。だからまず「社員」と、その社員を支える「家族」を第一に考えます。

なぜ雇用優先なのか? - 国内か?海外か?

国内で頑張ります!基本理念に立ち帰って考えた場合、家族を残して単身赴任せざるを得ないであろう海外を目指すよりも、まず国内で事業継続の可能性に軸足を置きます。海外進出の可能性がゼロではありませんが、まだまだ国内に事業のネタはあると思っています。その為には今の業種・事業内容だけで満足している訳にはいきません。事業を維持する為に会社があるのではなく、社員が幸せを掴む為に会社があるはずです。みんなで一緒に変わっていく必要があると考えています。


これから入社してくる新しい仲間へ向けてのメッセージ

価格競争で考えれば、我々が現在いるフィールドは先が明るいとは言えないかもしれません。
しかし当社の事業目的は、カーエアコン部品を加工する事ではありません。それはあくまで手段です。当社の事業目的は、社員・社員の家族・取引先の皆様が、幸せを掴んでいただく場を提供する事です。
もともと私の父が起業した当時は洋傘部品、ミシン・農機具部品メーカーとしてその製造技術を蓄積し、ご縁があってカーエアコン部品加工に携わることになります。この頃の日本はまさに世界の工場でした。時代の波にも乗って順調に業績を拡大してきました。しかし世界情勢が大きく変わっていく中、世界の工場は東南アジア・中国へ移っていきます。これは大きな流れですから止める訳にはいきません。日本の役割も変わってきたのです。その状態を従来の技術にしがみついて逃げ延びるのではなく、技術を進化・深化させてその状態を受け入れていかなければなりません。
これまでは敷かれたレールの上を走って来ました。しかしここから先にレールはありません。新しいレール、それは未知のゾーンへ飛び出す滑走路かもしれません。安定的な大企業の精密な一部品になるのか?不安定かもしれないが夢のある中小企業のエンジンになるのか?
選ぶのはあなたです。
これから会社は大きく変わっていきます。
第三の創業期とも言える今、その滑走路を私達と一緒に作っていきませんか?


通年採用情報通年採用情報

MENU

三晃工業 HOME

三晃工業の強み

採用情報

会社情報

ISO
適用範囲/本社・渋川工場・渋川北工場・中野工場