切削加工の量産体制とアセンブリ - 渋川工場

金属部品と樹脂部品のアセンブリで、高い信頼を得ています。

信頼の柱/渋川工場では、金属は加工工場へ、樹脂は成形工場へ、製造委託するのではなく金属と樹脂の両方を組み合わせて、一体型のアッセンブリを自社で作っています。この事によって、製造業の最大のテーマである「品質・納期・コスト」を最適化しています。当社では更に、「サンコーのからくり」と言われる自社チェックフィルターを掛けて納入しているので、お客様の方で不安なく作業することができます。世界一要求の厳しい日本の消費者に育てられ、世界の自動車メーカーになった日本の自動車産業の厳しい審査をパスし続けて50数年の実績と技術力を信じて頼っていただける取引先様が増えてきた事は大変ありがたい事です。今後この工場では、この技術力を応用して信頼に応えていくべく、改善・改良・応用を続けていく所存でございます。

三晃工業渋川工場


渋川工場の特徴

アルミ鍛造・アルミダイキャストを主な材質とし、全56台のマシニングセンタを駆使、量産品の1個流し加工を可能にしたライン編成としており、組立工程を含めFMEAによる不良予測に基づく徹底した発生・流出防止を図っています。
2008年に新しく立ち上げた工場は量産品加工を念頭に置いて設備レイアウトされ、動きやすく、工場環境にも配慮されています。メンバーには若い人たちが多く活気にあふれており、顧客の厳しい品質要求にも立ち向かっていこうとの意欲に満ちています。

海外からの助っ人タレガニーさん

三次元測定三次元測定

組立出荷検査組立出荷検査


動画で紹介(クリックすると動画が表示されます)

主要設備

  メーカー 型式 台数
マシニングセンタ ファナック α-D21M 11
ファナック α-T14 1
豊和工業 MMN-250V 2
大隈豊和 MILLAC-415V 1
キラ・コーポレーション PC-30E 4
キラ・コーポレーション PCV-30 8
ヤマザキマザック VCS530C 1
キラ・コーポレーション VTC-30 28
旋盤 大隈豊和 HL-20 1
洗浄装置 ラビット 4槽式超音波揺動洗浄機 1
三次元測定機 ミツトヨ APEX C7106 1
形状測定機 ミツトヨ CV-4100S4 1
面粗さ測定機 ミツトヨ SV402 1

MENU

三晃工業 HOME

三晃工業の強み

採用情報

会社情報

ISO
適用範囲/本社・渋川工場・渋川北工場・中野工場